<< 【記事】Z.I.O-RAMA "SEAL" 全曲解説 | main | 【情報】FEBB - THE SEASON [CD] WD SOUNDS/P-VINE (2014) >>
2014.01.27 Monday

【記事】JET CITY PEOPLE PRESENTS "FAT BOB'S ORDER VOL.3"

0
    TOSHI蝮, Campanella, ROO-TIGER, Y-クルーズ・エンヤ, そして呂布カルマ等、個性の強いアーティストが揃うレーベル "JET CITY PEOPLE" からコンピレーション第3弾がリリースされる。しかも今回は2枚組と言う濃厚なパッケージだ。レーベル側の案内からも分かる通り「ぬるま湯に浸かり続けてきた日本のヒップホップの髪の毛をわし掴み」うむ。本作への意気込みが強く伝わってくる。



    既にFBO3のCMで流れている"鷹の目"ビートは、本編でも痛烈なメッセージを放つ1曲、"ばんり"と"呂布カルマ"によるコンビネーション"HIMOKIRI"だ。ここでの呂布カルマの固い韻とパンチラインは刺激的で笑わせてくれる「もしも運悪く/そこに身を置くんなら/まあ精々がんばるんだな/ウンコ踏んだら/運も付くんだな/俺ならその靴/捨てるだけだな/」敵に回すと面倒臭そうだが、味方に付けたら最高のバディとなるのは間違いない。リリカルジャンキーのオーデイエンスなら間違いなくドープMCとしてあげる1人だと思うが、呂布カルマをまだ聴いたことがないオーディエンスがいるならば、まずは手軽にYOUTUBEで検索して聞いてみたほうが良い。リリック付きで "HANNIBAL"、"恥知ラズ"、"イカレテロ" に出逢うことができる。

    私はJCPの作品はドラッグ・ミュージックであり、現代のサブカルチャーを代表するエンターテイメント・ミュージックの一つだと感じている。本作品でそれぞれのアーティストが放つ言葉が、リアルかそうでないかというよりかは、アーティストの作品にオーディエンスがどこまでのめり込めるのか、どこまで精神的にぶっ飛ぶ事ができるのか、そこがJCPの音楽を聴く上での楽しみ方の一つではなのではないだろうか。JCPアーティストの既発作品、そして今後のソロリリースに期待を膨らませて、まずはFBO3をタブレットにぶち込んでみよう。きっと自分のアーカイブにクソな音楽が詰まっていた事を認識させてくると思う。

    最後に、私が最近読んだ小説から面白い一説があったので、JET CITY PEOPLEな方々に送りましょう。
    「....しかし残念ながら、どの放送局もまともなミュージシャンの曲を流してはいなかった。人数の多さだけで勝負しているアイドル、やたらと周りに感謝ばかりしているラッパー、声がまったく出ていない歌姫、自分に酔っているだけのシンガーソングライター。どいつもこいつも....」
    木下半太 "サンブンノイチ"(文庫)より抜粋。





    詳しい商品情報を見る。
    JET CITY PEOPLEの商品情報を見る。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM