<< NU:ESSENCE | main | DJ DOPPELGENGER - PARADIGM SHIFT JAPAN TOUR 2012 >>
2012.04.23 Monday

SMOKIN EKS TENTION : INTERVIEW

0




    -まず自己紹介をお願いします。

    C)CHAFです。MCとかトラックメイクとかしてます。

    K)KUWAMAN DA ORGASMUSです。えっとー、MCしてます。

    H)HARADAです。DJしてます。


    -SMOKIN EKS TENSIONの結成は?

    K)お互い高校の時にラップ始めて、18歳の時に入った専門学校が一緒でその専門学校主催のイベントがあったんですけどその学校のヤツしか出れないんすよ。なんで同じクラスだったCHAFに「そん時だけ出ようよ」って誘って一緒にやりだしたっすね。


    -正式に組んだのはその後?

    C)その後「RUDE」っていうデカいイベントのオーディションの第一回目があって、NITROとかがバリバリ来てて、「外のイベントに出たい」って気持ちがあったんで受けに行ったのがちゃんとした結成ですね。それまではSMOKINは学校の中のイベントしか出てなかったので。それが2003年とか2004年とかですね。

    K)それからCHAFと二人でずっとやってて、1stが出る直前にHARADAが加入してそっから三人になりました。


    -名前は何で「SMOKIN EKS TENSION」?

    K)元々その時だけしか組んでやらない予定だったんで。「SMOKE」=「煙」みたくすぐ消えて、「EKSTENSION」=エクステみたいに取り外しがきくっていうそのまま意味で(笑)


    -初めて知りました(笑)1stALBUMが2009年末にリリースされましたが、リリース後はどういった活動をしていたんですか?

    C)1st出した後はSMOKINとしてはゆっくりですけどずっと曲は作ってたんですよ。あとはソロとか「ILL STILL」「PMF」での活動と並行してDJも始めました。

    K)リリースしてから色んな県外にLIVEで回って最後に一ヶ月間東京に滞在してLIVE行脚してました。で福岡戻ってきてから僕もソロ始めましたね。


    -「DJ PERRO×Michita」の作品にも参加してましたよね?

    C)myspaceでMichitaさんが俺らの曲を聴いてくれてトラックを送ってくれたんですよ。その流れで一曲作る事になってRECして送ったらMichitaさんもDOGGさんも気に入ってくれて、その時期がちょうど二人のアルバム「FRIEND OF BLEND」の制作期間だった事もあって収録されましたね。

    K)THE DIMENSION!!


    -今回の2ndALBUMのタイトル「PRECARIOUS DAYS」。これはどういう意味ですか?

    K)「自転車操業の日々」とか「綱渡りの日々」っていう意味です。英語的に合ってるかは分からんですけど。1st出してから僕もCHAFも仕事辞めて全く金がなかったんですよ。二人とも借金が膨らんでく一方で。そして「返さなマズイ!」ってなって二人で同じ仕事始めたんです。働いては借金返すっていう毎日の中で作ったアルバムだからそういうタイトルにしました。


    -二人は仲いいよね?(笑)その前の職場も一緒でしょ?

    K)今の職場で三ヶ所目です。一番いいのはHARADAのレコ屋でSMOKIN全員働くのがベストですね。固定の給料は貰いますけど(笑)


    -今作はそういう「苦しい生活」をコンセプトに制作していったんですか?

    C)特にコンセプトを決めてた訳じゃないんですけど一曲ずつテーマを決めていく中で、やっぱりそういう生活をしてたから自然とリリックの内容に反映されていったていう、、、。

    K)ネガティブな生活してた分、それがそのまま出ちゃいましたね。


    -制作環境は?

    C)俺ん家ですね。RECもそこでしてます。BEATはACID、SONAR、KORGのKP3とMTR、AKAIのMPC1000、ROLANDのSP404、大体この6つを使ってます。


    -CHAFさんはトラックメイカーとしていくつか名義がありますが、どういった使い分けをしてるんですか?

    C)「GREEN PACKER」は実験的な音っていうコンセプトで捉われない自由な発想で、「ONE LOOP DIGGA」はHIPHOPにとことんこだわって作ってます。SMOKINはHIPHOPを感じさせる音で作りたかったんで「ONE LOOP DIGGA」で。
    LOOPで聴いてカッコいいっていうのがHIPHOPの醍醐味だと思ってるんで今回の2NDはそこを意識して作ってますね。


    -お二人は普段どんなアーティストを聴いているんですか?

    C)普段ってか最近は「BLU」「DIVERSE」。あと「LEE PERRY」とかです。

    K)最近はずっと「クリープハイプ」か「坂本慎太郎」ですね。今日は「ウルフルズ」聴いてました。


    -今作では地元から「GQ」「ITAZURA CREW」の二組が参加してますね。

    C)別のトラックメイカーのビートを入れたいと思ってて、GQとは一緒に作った事がなかったのでGQのビートはカッコいいんでやりたいなと。

    K)それで声掛けてたらイベントの時に持ってきてくれて、すぐ聴いてヤバかったんで「O.O.G」を作りました。

    C)ITAZURAはALBUMの中に一曲POSSE CUTを入れたくて、ビート自体は2年前に作ってたんですよ。「BLACK MOON」のヤツと同じネタ使って。

    K)それをCHAFの家で聴かせてもらった時に「これはITAZURAとやろう!」って話になったんです。今はレーベルメイトだしタイミングもハマりました。


    -そして前作と違って今作は県外からの参加がありますね。「TAK THE CODONA」はどんな経緯で?

    K)TAKさんは俺がずっと好きなMCで、東京にLIVEしに行った時に知り合った奴らとバーベキューした時にTAKさんも来てて知り合いました。それから去年の末に福岡に呼んでイベントして、次の日にBASEでRECしました。

    C)この曲は「風営法」をテーマに作ったんですけどTAKさんがいる大阪のクラブ、俺らの福岡のクラブが一悶着あってたんでテーマはすんなり決まりました。

    K)「FUCK THE POLICE!」というよりは縛られても表現を続けてくっていう前向きな曲にしたかったんです。


    -リミキサーには「MASS-HOLE」が参加しています。

    C)リミックスを入れたくて候補が何人かいたんですけど、SMOKINのALBUMにハマるのが断トツでMASS-HOLEさんだったんですよね。ちょうど「ERA VS MASS-HOLE」を聴いて、大好きで「こりゃ頼むしかない!」って思いました。それが決め手でした。






    -地元・親不孝通りのシーンはどんな感じですか?

    K)「風営法」でクラブが潰れたり、営業時間が短くなったりしてますけど今年はリリースラッシュですね。ネガティブなニュースが多い中でマイナスからプラスを産み出すような動きが周りでどんどん起きてるのを感じてます。


    -初音源が12inch「MIDORI NO KABE」で今回もALBUMからアナログを先行リリースしますが、アナログで出す事にこだわりが?

    C)何より形に残るし、単純にアナログが好きってのもあるんですけど12inchで出すのが当たり前っていう気持ちがあるんで。

    K)クラブでDJが俺らの曲をかけてくれるってのも嬉しいですね。


    -今回の12inch「QUESTION」はDARAHAbeats.からのリリースですが理由は?

    K)HARADAが去年、2回事故ったからです!

    C)前からアナログ出したいっていう話もしてたし、グループのDJがやってるレコ屋と一緒に上がってく一番シンプルな方法だと思ったんで。


    -HARADAさんが経営する「DARAHAbeats.」について教えて下さい。

    H)2011年の6月にOPENしたレコードとCDと取り扱ってる親不孝通りにあるレコ屋で親不孝音源は確実に全て置いてある店っすね。親不孝通りの「あんみつ姫」曲がったとこです。


    -けっこう親不孝通りの面々が来るでしょ?

    H)そうっすね。みんな溜まるんで仕事が進まないっすね(笑)次は「GQ」と「色」の12inch発売で動いていこうと思ってます。情報はそん時流します。


    -じゃあ今回のALBUMでお気に入りの曲を教えて下さい。

    C)んー。思い入れのある曲は今回初めてPV作った曲で「QUESTION」。結構狙って作った曲なんですけど、元々「LOOT PACK」の曲で「QUESTION」があってその曲が好きで同じネタを持ってたんすよ。そのネタでビート作って、ちょうど問題に直面してた時期でもあったんで、こういう曲を作ったってのがあって。

    K)俺は何かなー。俺は「生きる屍」ですね。初めてHOOKがない曲でリリックの内容が攻撃的でLIVEしてて一番気持ちいい曲ですね。

    H)2曲目の「THIRTY THREE」ですね。曲名と同じレコ屋で働いてたんで、盛り上がります!あとスクラッチもしたんで。「QUESTION」でもスクラッチしてます。


    -これからの活動予定を教えてください。

    K)とりあえずリリース後はツアーで1stの時に行けてないとこもLIVEして廻りたいですね。SMOKINの次回作はもう構想があるんで年内目標に作ってきます。

    C)僕はとりあえず、所属してる「PMF」の音源制作ですね。落ち着いたら「ILL STILL」が動き出すかもです。ソロ作もマイペースに作りながらな感じで。。

    K)俺のソロも近いうちに出るんで宜しくです。


    -それでは最後にメッセージを。

    C)YouTubeに今回のアルバムのMEGA MIXとかPVとか上げてるんで聴いて気に入ったら買って下さい。

    K)アルバム買ってくれたヤツのいる街にLIVEしに行くんで遊びに来て下さい!

    H)子供のミルク代を稼ぎたいと思います!宜しくお願いします!


    -ありがとうございました!!


    取材/協力 : CHAPTER20PRO


    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM