2013.09.27 Friday

【記事】DINARY DELTA FORCE : THE 9 HARD !!!!

0
    今回3年ぶりとなる新作アルバム『THE 9』を完成させたDINARY DELTA FORCE。自身達に日々関わるSTAGEでのLIVE、日々呼吸する街でのLIVE(生きる)、そしてM.V.(藤沢)スラングである最も硬いを意味する「-9HARD-」がこのアルバムのキーワード。RHYME&BとDUSTY HUSKYによる「アルバム&サンプリングネタ」のエクスクルーシブ解説。





    1. SECOND COMING D. (RHYME&B)
    再生ボタン押してから音が鳴り出すまでに敢えての空白を入れたり、イントロ直後すぐRAPが始まったりと2nd.の立ち上がり方に関する狙いが詰まった曲。意外なオープニングだったわと思ってもらえたら嬉しいです、とりあえず最悪に黒い。


    2. IRENE pt.? (D.husky)
    この曲のタイトルはM.V.(藤沢)スラングでLIVE会場がピークに盛り上がってる(客が波打って揺れてる)状態を意味してます。ネタは誰もが知ってるだろう映画のサントラ(この曲自体は知らないと思う)を大胆にNAG(MATIC)がMAKEした物。先行Single『LIVE ATTACK C.Q.B.』のジャケネタだとか無いとか。CALLYも入って来ていよいよ9アルバムの幕が開ける。


    3. STAY REAL LIVES (D.husky)
    1st ALBUMに入ってる『REAL LIVES』の続編かな。それぞれ別のSTAYをRAPしてるけど、自分のバースで言うとやっぱ自分たち(D.L.I.P.)の曲たちは、ちゃんと音の環境が整ってる場所で聴いてもらうのが1番しっくり来るはず。軽く雑に扱ってほしくはない。もちろん通勤ラッシュで日々戦ってる奴や、旅に出かける時なんかに物として持ってけないだろうからPCにぶち込むのは当たり前、自分だってそうしてるし、ただ日常はジャケ含め手に取って、そこから出して針落とすなりして最高の音を出す”ひと手間”が自分は好きなだけ。このネタも凄い気に入っていて、歴史的な作曲家が全面プロデュースしているROC BANDのLPで曲の冒頭じゃないし、ブレイクらしき溝もほとんど見えないんだけど中盤で急に抜けるんですよ、よっぽどこの曲好きな人じゃないと見つけられないはず。


    4. H.I.P.(HOLE IN A POCKETS) (D.husky)
    多分聴いたらすぐ解るはず、HOOKで〜gimme ya 金〜って言ってるし(笑)。永遠のテーマだろう金の話、他に仕事もせずひたすらRAPしてるけど自分達のビジネスなんてランクFくらいだって言う。だけどその反面、贅沢は出来なくても、このままGEM(仲間)達とずっと音楽で遊んでいけたら最高なんですけどね。DLIP作品に必ずと言って良いほど曲終わりに入ってくるBACKSKIT(通称 裏SKIT)ネタは自分が大阪で掘り当てた物でドイツ産アレンジャーのLP。





    5.スーパー・ラルゴ (RHYME&B)
    全国PARTY行脚の唄。1st.に収録されている"BLACK BLAQ FRIDAY"の全国版と言ったらより楽しんで聴いてもらえるかな。VERSEの頭から順に日本列島を北から攻めて、最後地元の"BLAQLIST"に帰って来るって構成なんだけど、4人のMICリレー感もあって凄く気に入ってる。NAG(MATIC)のBEATもOLD SCHOOLで最高です、DJの皆さんにかけてもらいたい。


    6.NOWAY,ANYWAY (RHYME&B)
    a.k.a. 三拍SHIT。BPM 80〜90あたりに乗り飽きた感があった頃に気分転換的に制作した楽曲。これもとっても気に入ってます、やっぱBEAT体によってRAPの引き出し方も変わって来るな と改めて実感。色々トビ過ぎた翌日の憂鬱感やTRIPの様を描いた曲で、こんな状況下にあったらこの曲を聴いて更に深い所に潜って行って欲しいですね。。


    8. 9HARD-N-6BOOMBAP (D.husky)
    これが完成した事により2nd ALBUM制作が始まるきっかけとなった曲で、鉛筆の芯って9H(HARD)〜6B(BLACK)まであるんですよ、それを引用して1番硬くて1番BOOMBAPしてるって意味。つまり今回の『THE 9』は最も硬いアルバム。


    9. FUR (D.husky)
    今回のアルバムではこの曲と『ROC NUMBER134』がM.V.にまつわる地元でのLIVE(生きる)がテーマ。地元は夏が異様に盛り上がってるんで冬になると殆んど人も出てこなくなるし静寂が街を支配しているんですよ、そんな時期にFUR付きのダウンジャケットってB-BOYのマストアイテムと言うか凄い暖かいですよね?めちゃめちゃ寒い時って自暴自棄になるというか、この曲で一緒に冬を越えようぜっていう。


    10. ROC NUMBER 134 (RHYME&B)
    ナビより正確に把握してる町の事情を綴った海沿いらしい爽快な曲。俺等の地元から様々なHOT SPOTへと導いてくれる、ブッとい国道134に捧げたHOOD ANTHEM。これを聴きながら宛てもなく134をドライブして欲しいですね。CALLYのブルージーなFLOWがナイス。





    11. LIVE ATTACK C.Q.B. (RHYME&B)
    俺等の試合(LIVE)の進め方、戦法を記した曲。昔からLIVEが好きで、DINARY=LIVEと取ってもらっても間違いないです。ノーディフェンスでオーディエンスを迎えるのが正に"D"らしいシステムで、DINARYのLIVEを一回観たら他の人のLIVEはそう見れないってのを毎回目指しています。LIVEの構成も近年更に複雑になって来てるんで、俺等の後ろを固めてくれるBL DJ'Sはさぞかし大変だと思います(笑)。


    13. SIDE A〜不朽の金剛石〜 (D.husky)
    2011年にDiamond Dが来日した際に横浜で『D.I.T.C.×D.L.I.P.』と言うPARTYを仕掛けた時からひたすら温めていたもの。祀バースのASIAN SIDEがタイトルの由来でこのBEATを渡して貰った時点でDiamond Dからアジアと言うテーマが出ていたので、その勢いのままタイ カンボジアを皆で旅しながらリリックを書いた。USレジェンドのBEAT上で日本人がアジアを歌う壮大なスケールに仕上がったし、なんと言っても1st聴いて貰ったら分かると思うけど、ずっと憧れていた人と曲が創れて幸せな時間でした。全て聴いて貰って皆それぞれ感じるものは違うはずだけど、自分達にとってこのアルバムは間違いなく不朽の金剛石(ダイアモンド)。




    ■ 詳しい商品情報を見る。http://www.wenod.com/?pid=61608500


    【DINARY DELTA FORCE OFFICIAL TOUR INFO】
    「THE 9 LIVE ATTACK J.P.N. TOUR」全国20都道府県で開催決定!!
    2013年10月5日のBLAQLIST@F.A.P.〜2014年4月末まで。
    詳細は dliprecords.com にて随時UP!!





    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM