2014.06.25 Wednesday

【記事】894 from MIDICRONICA

0


    過去のアーカイヴを辿っていたら、"894"さんに取材したのは今回で3回目でした。常に覆面を被り続ける男(いや、もしかしたら女かもしれない)、覆面を被り894さんの心中は一体何を思っているのか。覆面を被ることで一体何を伝えたいのか。覆面を被ると怪物になってしまうのか?それとも大好きな猫になってしまうか?今までは何も思わなかったのですが、今回の取材で何故かふと「アーティスト "894" の存在」を思い、私は覆面を被った894さんに取材をしたというよりかは、覆面をしない894さんに取材をしようと思いました。作品自体はとてもパーソナルな内容であって、喜怒哀楽に満ちた人間らしさが前に出た作品だったからです。なので、よりパーソナル(人間界に住む)な894さんを出せたらと思いましたが、結果はいかに...。





    wenod(以下W) : 前々回、前回、と取材を重ねるごとに自身のクズ度が増して来ていると答えてきてますが、その後のクズ度は落ち着きましたか?

    894 : そうですね。一周して「これでいいのかも」と思ってきたので、どうしたらいいかもうわからなくなってきてます。


    W : 前作のソロプロジェクトから約2年が経ちました。この2年での活動履歴、ソロアルバム作成の経緯を聞かせて下さい。

    894 : MIDICRONICA本体のアルバムをリリースして、ライブや客演もしつつ...でも去年にはもうアルバムは出来てたんすよ。リリースタイミングの都合とかもあったんで今になっちゃったんですけどね。


    W : 3作目にして "#894" セルフタイトルアルバムとなりました。セルフタイトルと聞くと代表作と思われるオーディエンスも少なくはないと思います。本作品をセルフタイトルにした思いなどありましたら聞かせて下さい。

    894 : とりあえずいまんとこ一番フレッシュな894が出たなと自分で思ったんで、アルバム出来てからこのタイトルにしました。前までは1人のプロデューサーとソロは作ってたけど、今回は色んな人たちとやれたし、とりあえずコレ聴けばなんとなく俺のことわかってくれるかなって。


    W : 1曲目 "89448" について。アーティスト "894" としての存在感が前に出た曲となりました。自身の中に宿る "894" という存在は、現在どのような感情を持つアーティストとなっておりますか?

    894 : 相変わらず喜怒哀楽全開ですよ。最近はすぐ寝ちゃう病ですけど。


    W : 2曲目 "WoRLD's eND(CircuS HeaD)" について。 "生きる" というテーマが強く感じられ人間味を強く感じました。今までに無いサウンドとトピックで、本作の中でもポジティブなテーマとなっておりますね。

    894 : LASPHERE a.k.a. DJ SHUNYAの音を聴いたときにテーマがすぐ浮かんだんです。最後の最後でハッピーエンドっていう、王道なのかもしれないけど、そういう感じの曲にしたいなと。日々の葛藤を含め、辛いことも多い世の中すけど、死ぬ時に幸せだったなぁって思えればそれでいいかなぁって。前向きさを感じてもらえて嬉しいですね。ふふふ。





    W : 3曲目 "JOKeR Feat. ISH-ONE"。道化師、切り札、など "ジョーカー" という言葉は色々な意味合いがあって面白い言葉だと思いました。とてもアグレッシブなサウンドに仕上がっており、PVも公開されました。

    894 : 俺らってジョーカーっぽくね?ってISH-ONEと話してて、あとこの組み合わせが何よりジョーカーっぽいなぁと。互いに認め合って曲やってるわけで、金とかじゃないし、その辺勘違いすんなってのもあるかな。MUMAが持ってきてくれたTRACKの中で一番変なTRACKだったんすよ。ISH-ONEと何曲か聴かせてもらって、2人ともコレ!って速攻で決まった気がする。PVは鬼才・YOUNG CHILDが作ってくれました。き○がいだけど最高ですよ。彼は。


    W : 6曲目 "BTOD" について。偽り/嘘/にまみれた世の中、こんな未来に(おまえに)誰がしたんだ?社会/政治に向けたレベルミュージック。曲の中では "総理大臣になったら何もしねえから期待しないで待ってな" と歌っておりますね。今の社会/政治に対して、894さんの思考を聞かせて下さい。

    894 : コレは自分への戒めだったりもするんですよ。俺、総理大臣になっても多分何もしないですよ。だから期待しないでくださいって...まぁそのまんまなんですけど(笑)。大概文句ばっかりで実際行動できてない事が多々あって...だから、政治にしろ、なんにしろ、今の現状とかに文句ばっかり言って、結局行動しないならこの先何も変わらないよ、だったら行動しなきゃ!って思いを曲にした感じです。死ぬために生まれてきたならまずなにかしなきゃなって。


    W : 7曲目 "oNIGoRoSHI Feat. ポチョムキン(餓鬼レンジャー)" について。個人的には本作品の中で一番面白いトピックだと感じました。894さんのスタイルにハマっていて、ポチョムキンさんを迎えたことで、よりプロレス感が増して聞いていて面白かったです。

    894 : そうすね。個性ぶつけあい大会になりました。新潟のイベントでちゃんとはじめて喋って、そこから話は発展したんですけど、レコーディング前に何回も書き直した音源送ってくれたり、ぽちょ君がガチンコでやってくれてる!って思って、普通にテンションあがりました。TRACK作ってくれたDJ CO-MAもアルバム一枚分くらい曲送ってくれたし、本当、ありがたいす。





    W : 8曲目 "WU!!!!" について。本作はセルフプロデュースとなり、PVでも公開されました。猫が好き過ぎて作ったとのことで、前回の取材では「かまわないでください」って全身から出してるところが好きだと言っておりましたね。もす少し突っ込んでみたいのですが、どんだけ猫が好きだってのを自慢してもらってもいいですか。

    894 : とりあえず野良猫いたら追いかけるし、家じゃ飼えないから身体にも宿してるし、デルモンテスタジオで飼ってる愛猫ウランに関しては、デルモンテが沖縄に言ってる間も鍵預かって毎日様子見に行く位好き。生まれかわったら猫になりたい。むしろ猫になりたい。今なりたい。私は猫になりたい。あ、CODONAが作ってくれたアニメーションPVも完璧!


    W : 12曲目 "MagiC -sutekinadoku-" について。何度も聞かせて頂き、どんなメッセージが曲に隠れているのか解読したくなりました。一瞬ラブソングかと思考を傾けましたが、そうでもないのかなと感じました。前作のアルバムに収録された "plAstic woRld" からのアンサーソングにも聞こえました。

    894 : アンサーソングってわけでは無いですけど、曲のイメージと歌詞のギャップですかね。そういう感覚は狙ってたんで、伝わってよかったです。最初は聴きやすいなって印象でいいと思うんです。でも歌詞みたり、ちゃんと聴くと内容は全然違う。むしろ毒だぞこれは!って言う部分が肝なんで。これは聞きながら歌詞読んでくれた方がいいと思います。TRACKくれたDJ firstにも、普通のキャッチーな曲にはしたくないから毒は盛り込むよって事前に伝えた位ですから。


    W : 13曲目 "89424(SaMe diFFerenCE)" について。現実を受け止める、法律社会、宗教は救世主じゃない、生きる目的の奴隷、など本作の中でも最もシリアスなワードがいくつか出てきました。894さん自身が考える理想の社会生活/生き方を教えて頂けたらと思います。

    894 : 理想はずーっとゴロゴロしてたいですね。おなかすくタイミングでご飯が出てきたら最高!


    W : 豪華客演陣が出揃いました。初めての共演、旧友の共演と様々だと思います。共演されて思い出に残ったエピソードなど聞かせて頂けたらと思います。

    894 : レコーディングして、猫と遊んで、MIXして...普段とあんまり変わらない環境の中に、客演の人が居るって感じだったんで凄い自然な感じで出来ました。だからあんまりこれといったエピソードが無い...あ、でも客演の時の方が制作がタイトでしたね。1人のときだとどうしてもだらだらしちゃうんで。


    W : 最後にオーディエンスにメッセージをお願いいたします。

    894 : 良いアルバムが出来たと思ってます。今回は歌詞やら絵描き唄やらインタビューが載ってる8Pブックレットも付くので、アルバムを是非手にとってもらいたいなって思います。MIDICRONICA本体もアルバム作ってたり、また色々やらかすと思うんでお楽しみに。また鼓膜の中で逢い魔性。ありがとうございました!


    記事 : 2014年6月12日
    取材 : wenod records



    詳しい商品情報を見る。


    詳しい商品情報を見る。

    2012.06.25 Monday

    【記事】894 from MIDICRONICA

    0



      894さんが表現者側に立ちたいと思った時の初期衝動の話を聞かせて頂けたらと思うのですが。

      894 : 元々はスケボー友達から「俺DJやりたいからお前ラップやって!」って言われて、そいつの家にあったよくわからないメーカーのマイク渡されたのが音楽はじめるきっかけなんです。もちろんその前からHIPHOPは聴いてたんですけど、その頃はスケボーに夢中だったし…。でも、その頃漠然と「引っ掻き傷でもいいから俺が生きてたっていう証を残したいなぁ」とか若気の至りで思ってたのと、実際やってみたら割と自分の身体にラップがあってたみたいで、そこからズブズブはまっていった感じです。


      プロフィール資料によると「ネコが好き」との事ですが、ネコの良いところを教えてください。

      894 :「かまわないでください。」って全身から出してるところ。







      本作「CHAOS PLANET」タイトルに付けた思いとはどういったものでしょうか?

      894 : 好きな単語くっつけてみました。あとアルバムの曲順決めてるときになんかカオスだなぁこれって自分で思ったんで。


      資料によると今回のアルバムは「予定調和をゆるくぶっ壊す」というテーマがあるようですが、もう少し具体的に聞かせていただけたらと思うのですが。

      894 : この資料が例の如く大体が嘘なんで俺もよくわからないんですけど、MIDICRONICAでやってる自分の立ち位置と、ソロの立ち居地は全然違うんで、「MIDICRONICAの894」って言う固定観念みたいなものを一回ぶっ壊してやろうかなっていう思いは強かったかもしれないです。「894といえばこういうスタイルでこういうRAPで〜」とか、聴く前から決めつけられてる予定調和な部分をひっくり返してやろうと思って。まぁ、全然出来なかったんですけど。


      前回の取材で「自分の事は毎日クズだと思ってる」と答えておりましたが、その後の894さんの気持ちの移り変わりなどはありましたか?

      894 : クズ度が増してきてるんでそろそろ人生潮時かもしれません。


      本作品に参加されているプロデュ―サ―、参加アーテイストについて、教えてください。

      894 : トラック全曲手がけたSHU-SUIは昔からの付き合いなんですけど、久々あったらトラック一杯作ってて、更に腐ってたからC.R.E.A.M SODAZのアルバムに誘った感じですかね。そっからまたなんかやる気でたみたいなんで、1人の命を救ったなって俺は勝手に思ってます。で、そのアルバム終わってから、オケ何曲かくれよってオファーをだしたんです。そしたら30曲くらい送られてきたんで、「こんな要らない」って全部投げ返したら、電話ですげー怒られて。それで泣きながら選びました。

      SAGGA君とはDELMONTEスタジオでがっつり繋がった感じです。今回でもう3曲目かな?何気に一緒にやってる曲多いんすよ。この曲もスタジオにSAGGA君が遊びに来て、じゃあなんかやろか?って感じで。

      エムラスタ君とのきっかけはツイッターかな。TAILGATEってお店で売ってる商品のことつぶやいたらリアクションがあって、改めてはじめまして!みたいな。ロマンとは地方とかのライブで一緒だったり、誰か経由とか、繋がりはあったんすけどね。で、一緒に曲やりましょって話してた時期に、両方と繋がりのあるDJが俺とエムラスタ君をつなげたかったみたいで、クラブで紹介してくれて。でもそのときはもう既に曲の話をエムラスタ君とはしてたから、「あ、ごめん。もう一緒に曲やる話になってるんだよ」って話したり。だから割と運命…ってのは大袈裟かもしれないけど、縁はすごい感じました。で、その曲にギターで参加してくれた今ちゃんとはイベントで知り合って、MIDICRONICAのアルバムとかでも弾いてもらったりしてるんで付き合いは長いです。草野球チームでも一緒だったりするし。

      カルデラビスタはソイソースブロスでアルバムも作ってるし、スタジオにふらっと遊びに来た時セッションしよか?みたいな軽いノリで。全然関係ないけどカルは逢うたびに海外のコインくれるんです。こないだまでアフリカの方に行ってたみたいなんで、そのコインくれるって電話がきました。楽しみ!

      WATAくんは何気に付き合いめちゃ古くて、トラック聴いた時にはまりそうだなって思ったから呼んでみました。最初フルメンバー全員呼ぶって案もあったんですけど、二人の方がタイトに出来るかなぁとおもいまして。


      "HAPPY BIRTH DEATH" の「日曜日 pt.2」という曲がありましたが。本作では「FRIDAY」で更に濃密なサスペンス・ストーリーを披露されています。サスペンスやホラーなどにどのくらい興味をお持ちでしょうか?

      894 : ゾンビ物はよく観ますけど、サスペンスはほとんど観ないですね。多分スタジオで猟奇的な事件の話とかしてるからこういうものが産まれてしまうのかもしれません。「日曜日 pt.2」がオムニバスっぽい構成だったんで、今回の「FRIDAY」に関しては男の視点→女の視点→オチって流れを作ってみました。ってかこの曲もPV作りたかった。


      "UZUMAKI" では様々な社会情勢を曲にされていてとても興味深かったです。1バース目では「アメリカと戦争」について歌われておりますね。「戦争を知らない僕たちに何ができるか?」とも投げかけておりますが、もう少し具体的にお聞きできればと思うのですが。

      894 : 何が出来るの?知らんがな!って言う、無責任世代へ向けての皮肉です。俺も含めてなんですけどね。


      3.11についても語られていますね。とくに東電や政治家に向けてのメッセージととれました。3.11以降の政治家の被災地や国民への対応を具体的にどう思われてますでしょうか?

      894 : 駄目だなぁ、俺がやってもかわらねーなぁってのが素直な感想でした。『俺がやれば何かが変わったのに!』じゃない所がポイントで、そういう自分への苛立ちみたいなものも曲には入ってるんです。特典で聴ける、『Happiness doesn't walk』って曲は、もろ3.11の事について歌ってるんですけど、その曲で「文句は言うけど行動できないのは俺も同じだ」ってラインがあるんです。なんだかんだで傍観者なんすよね俺。自分の国がすげー事になってるのになんか他人事なんです。それでいいの?って思うんだけど動けない。だから何やってんだよ政治家!とか言ってても、「じゃあお前やれよ」って言われたら静かになっちゃう…みたいな。ちょっと質問とはずれちゃいましたね。あわわ…。


      原発デモなどにも積極的に参加されてるのでしょうか?

      894 : 参加したこと無いです。でも参加してる人はすげーパワーあるなぁって思います。


      894さん自身は3.11以降、ご自身の私生活で何か気持ちの変化はありましたか?

      894 : 曲たくさん作りたいって思うようになったんですよね。あの日以来俺『死ぬ』って事がすげーリアルになっちゃったから。変な感じですよね。


      2バース目ではメディアやテレビ業界について歌われてますね。

      894 : 悪い大人に利用されるとろくなこと無いですよ。皆さんも気をつけてください。


      3バース目では「善悪の判断は人それぞれ」と曲全体を閉めておりますが、894さんは今の日本情勢の善悪をどう捉えてますか?

      894 : 難しいなぁ…。はっきり言えばわからないです。でもあんまり勘ぐるのはもうやめようと思ってます。グリがきついのは本当に良くない。負しか生まない。







      「11. ODB (feat. WATA from FULLMEMBER)」本作ではリードトラックとしてPVをあげられておりますが、PV制作の時のエピソードや、客演されているWATA from FULLMEMBERさんについても聞かせていただけますでしょうか。

      894 : WATA君はイベント後にそのまま来たから飲みすぎでふらふらだったし、俺も朝早すぎてウトウトしながらやってたんでなかなかカオスな現場だったんですけど、ある程度こういうPVにしたいって話は撮る前からしてたんで撮影は順調でした。あと、アカペラのシーンが最初のプロットであったんですけど、俺ら歌詞覚えてないから間違えまくって、その場面はカットになっちゃいました。変わりに帯広でライブしたときの映像が冒頭入ってたりします。WATAくんは寡黙な青年ってイメージ。音楽に対する姿勢はすごくまっすぐ。あと西武ファンなのに野球はしないらしい。何故だ!


      894さんのこれからの活動、展望などを聞かせていただけたらと思うのですが。それと、今後はどのような音楽を作っていきたいと思っていますか?

      894 : MIDICRONICAのオリジナルアルバムが時期に出ます。あとは客演が何個か世に出ると思うので、チェックしていただけたらコレ幸い。今後はあんまり考えてないんですけど、その時そのときのアイデアに身を任せて、旬なものをどんどん落とせていけたらなって思ってます。


      最後にこのインタビューを読んでくれているオーディエンス、ファンの方にメッセージをお願いします。

      894 : なんかまた変なのが出来ました。面白いと思います。聴き晒してください。産まれたからには生きましょう。おやすみなさい。



      詳しい商品情報を見る。
      Calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM